Sugar 6.5‎ > ‎ユーザガイド‎ > ‎

18_タスク

概要

タスクモジュールは使用やアクセスを容易にするためにリリース6.2.0で別のモジュールとして導入されました。このモジュールはタスクを作成、管理するために使用します。


タスクアクション

タスクタブのアクションドロップダウンリストは次のオプションを表示します。

  タスク作成:このオプションは「タスク作成」で記載されているようにタスクを作成するために選択します。

  タスク一覧:このオプションは「タスクの管理」で記載されているようにタスクを管理するために選択します。

  タスクのインポート:このオプションは「データのインポート」で記載されているようにメモを外部データからインポートするために選択します。


タスク作成

Sugarはタスクを作成し、自分自身や他のユーザをアサインできます。タスクを作成する場合、取引先や商談のような特定のレコードに関連づけられます。さらにレコードを最新にするには、タスクのステータスや優先度を変更します。

 

タスクを作成するには

1. タスクタブのアクションドロップダウンリストから「タスク作成」を選択します。

あるいは、ナビゲーションバーのクイック作成リンクで「タスク作成」をクリックします。

2. タスクページで次のフィールドに情報を入力します。

件名:タスクの件名を入力します。

ステータス:ドロップダウンリストから未開始や進行中、完了のようなタスクの現在のステータスを選択します。

開始日:カレンダーアイコンをクリックして、タスクの開始日を選択します。日付を入れる場合、時と分の2つのドロップダウンリストから、時間を選びます。タスクに対する特定の開始日がない場合、時と分のドロップダウンリストは何を選択しても必ず空白になります。

期限日:カレンダーアイコンをクリックして、タスクの完了日を選択します。2つのドロップダウンリストに時間を入力します。タスクの特定の期限日がない場合、時と分のドロップダウンリストは何を選択しても必ず空白になります。

期日が予定されている場合、リマインダを受け取るようにカレンダー上にタスクを追加したい場合は、期日の情報を入力します。

優先度:ドロップダウンリストからタスクを完了するための重要度を表す優先度を選択します。

詳細:タスクの簡単な詳細を入力します。

関連先:関連する取引先の名前を入力するか、あるいは選択をクリックして一つの取引先名を探索します。例えば商談やバグトラッカーなどのような、他のモジュールからドロップダウンリストで関連レコードを選択できます。

フィールドで文字を入力する場合、システムは可能な限り簡易検索を行い、その文字で始まるリストを表示します。検索する文字列を追加すると検索範囲は狭まります。名前を探索する場合、Sugarはユーザ設定のページにある詳細設定タブの名前の表記フォーマットを重視します。例えば「sfl(敬称、名、姓)を指定する場合、Sugarは指定された文字で始まる名のリストを表示します。例えば「A」を入力すると、システムは「A」で始まる名を表示します。同様に名前の表記フォーマットが「slf」を指定する場合、システムは「A」で始まる姓を表示します。

取引先担当者名:「取引先担当者選択」をクリックして取引先担当者リストから人を選択します。基本的には指定された取引先に対する取引先担当者です。

アサイン先:「選択」をクリックして、タスクに割り当てられる人を選択します。

デフォルトではあなたに割り当てられます。

チーム:主チームの割り当てを変更するには、新しい主チームの名前を入力します。

レコードにチームの追加をアサインするには、「選択」してチーム一覧から新しいチームを選択するか、あるいは「追加」をクリックしてチームフィールドを追加してからチーム名を入力します。

チームを割り当てることについての詳細は、「レコードのユーザ・チームへの割り当て」を参照してください。

3. 「保存」をクリックします。

4. タスクのステータスを完了に変更するには、新しいものを作成し、「これを完了状態にして複製を新規作成」をクリックします。

デフォルトでは、新しいタスクのステータスは「未開始」に設定しています。


タスクの管理

・複数のタスクを編集・削除するには、タスクの一覧ビューのドロップダウンリストにある「一括更新」をクリックし、「一括更新」パネルを使用します。詳細については、「レコードの一括更新」を参照してください。

・タスクの詳細を見るには、タスクの一覧ビューの件名をクリックします。

・情報を編集するには、タスクの詳細ビューのドロップダウンリストにある「編集」をクリックし、情報を変更してから、「保存」をクリックします。

・情報を複製するには、タスクの詳細ビューのドロップダウンリストにある「複製」をクリックして、必要な場合は修正し、「保存」をクリックします。複製は似たようなタスクを作成する方法として便利です。新しいタスクを作成するには、複製レコードで情報を変更できます。

・タスクをインポートするには、タスクタブのアクションドロップダウンリストから「タスクのインポート」を選択します。データのインポートについての詳細は、「データのインポート」を参照してください。

・タスクを削除するには、タスクの詳細ビューのドロップダウンリストにある「削除」をクリックします。削除の確認をしてから、「OK」をクリックします。

Comments