Sugar 6.5‎ > ‎ユーザガイド‎ > ‎

02_はじめに

概要

このガイドは、Sugarアプリケーションへのアクセスに要求されるリソースを持ち、それらのリソースの使用方法に習熟した読者を想定しています。リソースについての疑問点や重要点はシステム管理者に相談してください。

 

前提条件

Sugarを使用する前に、使用する機器が下記の条件を満たしていることを確認してください。

  Webブラウザがインストールされていること。サポート対象のブラウザについては、「Sugarのサポート対象プラットフォーム」

http://support.sugarcrm.com/05_Resources/03_Supported_Platforms

を参照してください。

  Sugarへのアクセスに使用するブラウザで、Java Scriptおよびcookieを有効に設定していること。

  Sugarを実行しているサーバへのネットワークアクセスが可能であること。

  システムまたはネットワークの管理者から、SugarサーバへアクセスするためのWebアドレス(URL)を受け取ることができます。

注:全てのSugarコンポーネントのサポート対象バージョンに関する詳細情報は、「Sugar Enterprise 6.5.0インストールおよびアップグレード ガイド」

http://support.sugarcrm.com/02_Documentation/01_Sugar_Editions/02_Sugar_Enterprise/

Sugar_Enterprise_6.5/Sugar_Enterprise_Installation_and_Upgrade_Guide_6.5.0

を参照してください。

 

Webブラウザと画面制御

SugarWebページ上のボタンをクリックすると、SugarWebブラウザが表示するHTMLページを動的に生成します。

ブラウザの「戻る」ボタンや「進む」ボタンを使った場合、Sugarは前、または先のページを表示しないことがあります。

Sugar上で画面を戻す、または進めるには、モジュールのアクションメニューを使用することを推奨します。

注:Sugarを使用するための最小ディスプレイ解像度は1024x768ピクセルです。

 

Sugarにアクセスしてユーザ情報を設定する

Sugarアプリケーションにアクセスするためには、サポート対象のWebブラウザを使用してください。Sugarアプリケーションへログインするためには、ユーザアカウントとログイン権限が必要となります。システム管理者からユーザ名とパスワードを受け取らなければなりません。Sugarにログインした後で、パスワードを変更することができます。

 

トラブルシュート

Sugarにログインできない場合、以下のことを行ってください。

  大文字、小文字の違いも含めて、ユーザ名とパスワードが正しいことを確認する。

  ユーザ名とパスワードが正しいことをシステム管理者に確認する。

  アカウントが無効になっていないことをシステム管理者に確認する。

 

システム管理者がパスワードのリセット機能を有効に設定していれば、「パスワードをお忘れですか?」リンクが、ログインウィンドウ内に表示されます。パスワードを思い出せない場合、このリンクをクリックします。ユーザ名とEメールアドレスを表示されたフィールドに入力し、「送信」をクリックします。そうするとSugarはパスワードをリセットするためのページへのリンクを載せたEメールを送信します。このリンクを使用できない場合は、システム管理者に新しいパスワードを伝えて、設定するよう連絡してください。


利用可能な言語

Sugarのデフォルト言語はUS英語です。さらに、Sugarでは以下の言語が使用可能です。

  ブラジル ポルトガル語

  ブルガリア語

  カタロニア語

  中国語

  クロアチア語

  チェコ語

  デンマーク語

  オランダ語

  英語(UK)

  エストニア語

  フランス語

  ドイツ語

  ヘブライ語

  ハンガリー語

  イタリア語

  日本語

  リトアニア語

  ノルウェー語

  ポーランド語

  ポルトガル語

  ルーマニア語

  ロシア語

  スペイン語

  スウェーデン語

  トルコ語

個々のユーザは、ログインページの「言語」ドロップダウンフィールドから使用する言語を選ぶことができます。管理者は組織全体に対してデフォルト言語を変更することができます。

管理者は必要に応じて追加の言語パックをインストールすることができます。

言語パックはhttp://www.sugarforge.orgからダウンロードすることができます。

 

Sugarへのログイン

Sugarへログインする手順は以下の通りです。

1. WebブラウザのアドレスバーにSugarサーバのURLを入力します。

2. ユーザ名とパスワードを入力するフィールドと、表示言語を選択する言語ドロップダウンフィールドのあるSugarのログインページが表示されるので、ユーザ名とパスワードを入力し、言語を選択して「ログイン」をクリックします。

 

初回ログイン時のユーザ情報設定

Sugarへ最初にログインした際には、ユーザ情報を設定するウィザードが表示されます。設定手順は以下の通りです。

1. Sugarへ最初にログインすると、ユーザウィザードが表示されます。「SugarCRMへようこそ!」画面では特に設定項目はありません。「次へ >」をクリックします。

2. 「あなたの情報」画面が表示されます。姓名やEメールアドレスなどのプロフィール情報を入力してください。赤い*マークのついたフィールドは必須項目です。システム管理者が既に情報を設定していた場合にはフィールドにその値が表示されます。これを上書きして変更することもできます。(以降の画面での設定項目でも同様です。)情報をフィールドに入力したら「次へ >」をクリックします。

3. 「ロケール」画面が表示されます。タイムゾーンや日付、通貨、姓名の表記フォーマットなどの項目を設定し、「次へ >」をクリックします。

4. Eメールアカウント」画面が表示されます。表示されているEメールプロバイダで使用するSMTPユーザ名とパスワードを入力します。SugarからEメールを送信しない場合は、この項目は入力しなくても問題ありません。「テストメールの送信」をクリックすると、宛先を指定してテストメールを送信することができます。「次へ >」をクリックしてウィザードを進めます。

5. SugarCRMを利用する準備ができました。」画面が表示されます。表示されるリンクをクリックしてSugarの紹介を見ることができます。「完了」をクリックするとユーザウィザードを終了します。ウィザードで設定した項目は、Sugarにログインした後でもプロフィール画面でこれらの設定を変更することができます。

 

ユーザセッションのルール

Sugarはセキュリティ保持のためにユーザセッションについて、次のルールを設定しています。

  同じアカウントを使用して、2台以上の機器あるいはブラウザから同時にSugarへログインすることはできません。

  2人以上のユーザが同じアカウントを使用して、同時のセッションで別々にSugarにログインすることはできません。Sugarへログイン中に、別の人があなたのアカウントを使用してログインすると、あなたは自動的にログアウトされます。従って、このような事態を回避するために、他のユーザとアカウントを共有しないよう注意してください。

Sugarでは次のことが実行可能です。

  ブラウザからSugarにログインする時、Sugar Plug-in for Microsoft Outlook(あるいはWebサービスAPIを使用する他のプラグインや拡張)がインストールされていれば、それによって同時にSugarにログインする。

  一つのブラウザ内でSugarのページを無制限に開く。

 

ユーザ情報の編集

Sugarにログインすると、あなたの名前が画面の右上角に表示されます。その名前をクリックして、「プロフィール」を選択すると、自分のユーザ情報の設定を見たり、編集することができます。

さらに、アクセスを許可され、閲覧、編集、削除といったアクセス権を持ったモジュールのリストを見ることができます。例えばログインしたときにあるSugarモジュールを閲覧したい、といった要求に沿うように、これらの設定の内のいくつかを編集することができます。

アクセスを許可されていないモジュールを閲覧したり、アクセス権限を変更することはできません。

 

ユーザ情報

このタブはあなたの姓名や、Sugarユーザ名、電話番号、住所、職位およびEメールアドレスのようなあなたのプロフィール情報を表示します。また、所属するチームも表示します。

 

従業員情報

従業員情報はシステム管理者によって入力され、職位や上司の名前、および連絡先等の情報を表示します。

 

Eメール設定

Eメール設定セクションはEメールアドレスおよびEメールクライアントを表示します。

システム管理者は1つ以上のEメールアドレスをセットアップし、Eメールへの自動応答に使用するメインアドレスを指定する権限を持っています。

この情報の編集については、「Eメール設定の編集」を参照してください。

管理者がSMTPサーバをセットアップし、Eメールを送信するために使用するメールアカウントを設定しているのならば、あなたは特に設定変更をすることなくEメールを送信することができます。管理者がメールアカウントを使用可能に設定していなければ、SMTPユーザ名とパスワードの入力フィールドが表示されます。このSMTPサーバを使用してEメールを送信するためのアカウントのSMTPユーザ名とパスワードを入力してください。

Eメールモジュールから別のSMTPサーバを指定するための情報は、「Eメール設定 」を参照してください。

 

デフォルトチーム

システム管理者があなたを割り当てたチームを見るためには、このパネルを使用してください。チームの所属構成を編集することはできません。 

 

パスワード

パスワードタブを使用してパスワードを変更してください。

パスワードの変更についての詳細は、「パスワード管理」を参照してください。

 

テーマ

テーマタブを使用してSugarインターフェースのテーマを変更してください。テーマの変更についての詳細は、「テーマの管理」を参照してください。

 

詳細設定

詳細設定タブは次のセクションを表示します

 

ユーザ設定

このセクションでは、以下の設定を変更することができます。

 

  エクスポート時の区切り文字

これはSugarからデータをエクスポートする場合に、フィールドの値を区切るために使用する文字です。デフォルトの区切り文字はコンマ( ,)です。

 

  エクスポート時の文字コード 

データのエクスポートや、vCardからレコードを作成するときに使用する文字コードをこのドロップダウンリストから選びます。

システム管理者はSugarに対してデータをエクスポートする際のファイルのデータを区切るための区切り文字や、デフォルト文字コードのようなデフォルトのエクスポート設定をします。自分の設定を上書きすることができます。

エクスポート時の文字コードのデフォルトはUTF-8です。あなたのロケールがアメリカや西ヨーロッパでない場合は、ロケールに応じて適切な文字コードを指定してください。これはSugarシステムがエクスポートファイルを作成するために使用する文字コードが、あなたの端末で使用する文字コードに正しく対応することを保証します。例えば、MS Windowsは日本でSJISを使用します。このロケールのユーザはデフォルトのエクスポート文字セットとしてUTF-8の代わりにSJISを選択する必要があります。この文字コード設定はSugarへデータをインポートする際にも使用されます。見積のPDFファイルを作成するために、選択した言語に対して適切な文字コードを確実に選択してください。

 

  フルネームの表示

このオプションを有効にすると、アサイン先の指定時にユーザ名ではなく姓名を表示することができます

 

  オフラインクライアントの状況

オフラインクライアントの使用可否を設定します。システム管理者だけがこの設定を変更できます。

 

  デフォルトチーム

ユーザは複数のチームに所属することができます。「+」ボタンをクリックして新たなチーム列を追加し、矢印ボタンをクリックして追加所属するチームを選択します。

「主」ラジオボタンでユーザの主チームを指定します。

 

  アサインの通知

このオプションを有効に設定した場合、次のモジュールのレコードがアサインされると、Eメールの通知が送信されます。

   取引先

   取引先担当者

   商談

   リード

   会議

   電話

   タスク

   ケース

   バグ

   見積

   キャンペーン

   プロジェクト

 

  リマインダを表示

電話や会議のリマインダを表示するデフォルトの間隔をリマインダドロップダウンリストから選択してください。

 

  メールマージ

Sugar Plug-in for Wordを使用している場合、名前や住所のようなデータをSugarからWordで作成された文書テンプレートの形式へマージするためにこのオプションを有効にすることが可能です。メールマージを使用するにはシステム管理者が有効にする必要があります。 

 

  商談なし

ユーザが販売活動に関係せず、商談にアサインする必要がない場合は、このオプションを選択してください。


レイアウトオプション

このセクションでは以下の設定を変更できます。

 

  モジュールメニューフィルタ

このチェックボックスを有効に設定すると、営業、マーケティングなど、予め定義されたグループに基づいてナビゲーションバーに表示されるモジュールをフィルタリングすることができます。

有効に設定した場合、モジュールフィルタメニューは「その他」メニューに表示されます。

 

  ナビゲーションバーのモジュールを選択

ナビゲーションバーに表示するモジュールを選択し 、モジュールの表示順を指定します。

 

  サブパネルタブ

このチェックボックスを有効に設定すると、レコードの詳細画面でサブパネルに表示される関連モジュールを営業、マーケティングなどの分野に分類し、タブとして表示することが可能になります。

 

ロケール設定

このセクションでは以下の設定を変更できます。

 

  日付フォーマット

ドロップダウンリストから日付表示のフォーマットを選択してください。

 

  時間フォーマット

ドロップダウンリストから時刻表示のフォーマットを選択してください。

 

  タイムゾーン

タイムゾーンを設定してください。

 

  ユーザウィザードプロンプト

この設定はシステム管理者ユーザだけが利用可能です。

新規ユーザを作成する際にこのチェックボックスを有効にすると、作成した新規ユーザの初回ログイン時にユーザウィザードが表示され、ユーザは自分の情報を設定することができるようになります。

 

  名前の表記フォーマット

ドロップダウンリストから、レコードで氏名を表示する形式を指定してください。

指名の表示形式は、姓、名、敬称の表示順序で指定します。

 

  通貨

ドロップダウンリストからレコードの中で使用する通貨の単位を選択してください。

 

  通貨の精度

ドロップダウンリストから、金額を表示する際の小数の桁数を選択してください。

 

  1000位セパレータ

3桁で区切るために使用される文字を入力してください。

 

  小数点シンボル

使用する小数点シンボルを指定してください。

 

PDF設定

このセクションではレポート、見積およびプロジェクトをPDF形式で出力するためのフォント設定を変更することができます。

 

  ヘッダと本文のフォント

ドロップダウンリストからPDFドキュメントのヘッダおよび本文のフォントを選択してください。

 

  メインフォントサイズ

PDFのヘッダのフォントサイズを入力してください。

 

  フッタ用フォント

ドロップダウンリストからPDFドキュメントのフッタのフォントを選んでください。

 

  データフォントサイズ

PDFの本文のフォントサイズを入力してください。

 

カレンダーオプション

  パブリッシュキー

Microsoft Outlookのような外部カレンダーアプリケーションへ予定の有無の情報を提供するためにキー番号を入力します。

外部カレンダーアプリケーションのユーザに対してあなたのカレンダーの参照を許可する場合に、このキーを提供してください。

Sugarはこのキーを入力した人に、あなたのカレンダーへのアクセスを許可します。

 

  週の最初の日

週、月、年の画面で表示する最初の曜日を指定してください。

 

外部アカウント

以下のコネクタがSugarで利用できます。

  Google DocsSugar内にあるGoogle Docsのドキュメントをアップロードしたり、アクセスすることができます。

  Cisco WebEx MeetingsSugar内からCisco WebExオンライン会議への出席、管理をすることができます。

  GoToMeeting MeetingsSugar内からGoToMeetingオンライン会議への出席、管理をすることができます。

  IBM LotusLiveSugar内からIBM LotusLiveの会議およびドキュメントにアクセスすることができます。

  TwitterSugar内で顧客のステータス、製品に関する意見、および顧客のツイートについて、コンスタントに最新情報を受け取ることができます。

  FacebookSugarのタイムラインのダッシュレットにFacebookのフィードを表示することができます。

  LinkedIn:特定の会社の担当者のLinkedIn情報を表示します。(Sugarは取引先の名前フィールドと会社名をマッチングします。)

  InsideView:リードや取引先、取引先担当者、商談レコードの直接キーとなる情報を表示できます。またSugar内の、関連のある会社情報、取引先担当者、ニュースおよびソーシャルメディアの情報を得ることができます。

 

上記のアプリケーションのアカウントを持っていれば、Sugar内で上記の外部アプリケーションにアクセスできます。

LinkedInInsideView以外のすべてのコネクタについては、システム管理者によってこの機能の使用を許可されていれば、「外部アカウント」タブから使用することができます。

 

注:InsideViewアカウントを持つ必要はありません。InsideViewEメールアドレスによってユーザアカウントを識別します。もしInsideViewのアカウントを既に持っていれば、直ちにサービスに接続できます。InsideViewアカウントを持っていなければ、無料試用バージョンを使用できます。詳細は「InsideViewへのアクセス」を参照してください。

他のコネクタと異なり、LinkedInInsideViewはすべてのアップグレード、新規のインストールによってデフォルトで使用可能になります。あなたの組織で使用しない場合は、使用不可にするようシステム管理者に要求してください。

Google DocsCisco WebExGoToMeetingといったアプリケーションは、Sugarからアクセスする前に、使用可能に設定する必要があります。

SugarからのGoogle DocsCisco WebExGoToMeetingへアクセス可能にするための手順は以下の通りです。

 

1. Sugar画面の右上隅のユーザ名をクリックして、ドロップダウンリストから「プロフィール」を選択します。

2. ユーザ情報の編集ページが表示されるので、「外部アカウント」タブを開き、「作成」をクリックします。

3. 「アプリケーション」ドロップダウンリストから使用するアプリケーションを選択して、赤い星印の付いた必須フィールドすべてに値を入力し、「接続」をクリックしてください。

4. 外部アカウントがSugarプロフィールに加えられたことを確認するためには、プロフィールページに移動して、「外部アカウント」タブをクリックしてください。リストの中に外部アカウントが表示されていれば成功です。

IBM LotusLiveではログインは10時間後に終了します。SugarからIBM LotusLiveにアクセスするためにはログイン情報を再入力する必要があります。

SugarユーザはGoogleGoToMeetingIBM LotusLiveWebExに対して、それぞれ1つだけの外部アカウントを持つことができます。例えば、あなたが「外部アカウント」セクションに追加のGoogleアカウントを作成しようとする場合、Sugarは既存のアカウントを削除し、次のメッセージを表示して新しいアカウントを作成します。

「このアプリケーションのアカウントは既に存在します。既存のアカウントに戻しました。」 

 

アクセス権

このタブは、各モジュールに対して、レコードの編集や削除のような特定の操作を行うことをシステム管理者が許可したアクセス権を表示します。

システム管理者は任意のSugarモジュールへのアクセスの許可/不許可を設定することができます。一般ユーザは設定を変更することはできません。

 

役割

「アクセス権」画面を下へスクロールすると、システム管理者があなたに割り当てた役割を見ることができます。一般ユーザは役割を編集することができません。

 

ダウンロード

このタブはMicrosoft OutlookMicrosoft WordおよびMicrosoft Excel用のSugarプラグインへのリンクを表示します。

リンクをクリックして、あなたのローカル環境へプラグインをダウンロードしてください。そうするとインストールが可能になります。

 

「ユーザ設定をリセット」をクリックし、表示されるメッセージに対して「OK」をクリックすると、どんな変更を保存した後でも設定内容をデフォルトに戻すことができます。

同様にあなたのホームページをカスタマイズした後に「デフォルトのホームに戻す」をクリックし、表示されるメッセージに対して「OK」をクリックすると、ホームページの設定をデフォルトに戻すことができます。

 

Eメール設定の編集

Eメールアドレスの参照と編集を行うことができます。システム管理者がSugarからのメール送信を有効に設定している場合、SugarからEメールを送信するためにSMTPサーバを使用します。

Eメール設定を変更する手順は以下の通りです。

 

1. Sugar画面の右上隅のユーザ名をクリックして、ドロップダウンリストから「プロフィール」を選択します。

2. ユーザ情報の編集ページが表示されるので、「ユーザ情報」タブを開き、「Eメール設定」サブパネルまでスクロールします。

3. 新しいEメールアドレスで既存のEメールアドレスを上書きして、「保存」をクリックすると新しいEメールアドレスへ変更します。

「+」ボタンをクリックすると、新しいフィールドが表示されます。そこに別のEメールアドレスを入力し、「保存」をクリックするとEメールアドレスを追加することができます。複数のEメールアドレスを追加することができます。デフォルトでは、最初に入力したEメールアドレスがメインアドレスとして選択されます。別のEメールアドレスをメインアドレスに指定したい場合は、「メインアドレス」ラジオボタンで指定してください。Eメールに対する自動返信アドレスとして新たなアドレスを指定したい場合は、「返信」ラジオボタンで指定してください。

4. Eメールクライアント」ドロップダウンリストから使用したいEメールクライアントを選択することができます。「Sugarメールクライアント」を選択すると、システム管理者が設定したデフォルトのEメールクライアントを使用してメールを送信します。また、Microsoft Outlookのような外部Eメールクライアントを使用する場合は、「外部メールクライアント」を選択してください。

5. Eメールプロバイダ:「外部メールクライアント」を選択した場合、このフィールドにはEメールサーバのアドレスを表示します。

6. Sugarメールクライアント」を選択した場合は、SMTPユーザ名とパスワード欄を入力してください。(Eメールを発信するために管理者が指定したSMTPサーバを使用します)

7. 「テストメールの送信」をクリックすると、設定が正しいことを確認するためのテストEメールを送信します。

8. 「保存」をクリックして、Eメール設定を保存します。変更を保存せずに設定を終了する場合は「キャンセル」をクリックします。

 

パスワード管理

システム管理者があなたにSugarへのアクセスを許可したときに、一時的なパスワードを与えられます。Sugarへログインした後に、このパスワードを変更してください。自分が簡単に思い出せて、しかし他人が推測することが難しいパスワードを設定してください。パスワードはいつでも変更することができます。

セキュリティの理由から、パスワードを定期的に変更することを勧めます。

 

パスワードの変更

パスワードを変更する手順は以下の通りです。

1. Sugar画面の右上隅のユーザ名をクリックして、ドロップダウンリストから「プロフィール」を選択します。

2. ユーザ情報の編集ページが表示されるので、「パスワードの変更」タブを開きます。

3. 新パスワードと確認入力欄があるので、そこに新しいパスワードを入力します。

パスワードの要件がある場合、入力欄の右側に表示されます。新しいパスワードはこれらの要件を満たしていなければなりません。それぞれの要件は最初赤の×印をつけられています。あなたが入力したパスワードがその要件に満たしてしていれば、赤の×印は緑のチェックマークに変わります。すべての要件を満たした場合にだけ、新しいパスワードを保存することができます。

4. 新パスワードと確認欄に入力したパスワードがすべての要件を満たし、全ての要件に緑のチェックマークがついたことを確認して、「保存」をクリックすると。パスワードが変更されます。

 

パスワードを忘れた場合のリセット

システム管理者がパスワードのリセット機能を有効に設定していれば、「パスワードをお忘れですか?」リンクが、ログインウィンドウ内に表示されます。

既存のパスワードは忘れてしまった場合に新規パスワードを請求する手順は以下の通りです。

1. Sugarログインウィンドウで「パスワードをお忘れですか?」リンクをクリックする

2. ユーザ名とEメールアドレスを表示されたフィールドに入力し、「送信」をクリックします。そうするとリクエストが送信されたことを確認するメッセージが表示されます。パスワードリセットページへのリンクを載せたEメールを受信します。リンクからパスワードリセットページにアクセスして、フィールドに要求された情報を入力して、「ログイン」をクリックします。そうすると新しいパスワードでログインできます。

「パスワードをお忘れですか?」リンクを使用できない場合は、システム管理者に一時的なパスワードを伝えて、設定するよう連絡してください。その後、一時的なパスワードでSugarにログインして、パスワードを変更してください。

 

 

テーマの管理

ユーザ情報の編集ページの「テーマ」タブに、システム管理者が有効に設定したテーマが表示されます。

Sugarテーマを変更する手順は以下の通りです。

1. Sugar画面の右上隅のユーザ名をクリックして、ドロップダウンリストから「プロフィール」を選択します。

2. ユーザ情報の編集ページが表示されるので、「テーマ」タブを開きます。

3. 管理者によって有効に設定されたテーマのリストが表示されます。

4. テーマ名をクリックすると右側の領域にプレビューが表示されるので、希望するテーマ名をクリックして選択した状態で「保存」をクリックします。

5. テーマが変更されたことを確認してください。

 

セキュリティ タイムアウト

セキュリティ上の理由から、定められた時間のあいだ操作を行わなければ、Sugarは自動的にユーザをログアウトします。このタイムアウト時間は2つの要因で決められます。

  PHPセッションCookie(PHPSESSID)のライフタイム:Webブラウザが閉じられるまでが、デフォルトのライフタイムです。

  PHPセッションのタイムアウト時間:デフォルト値は1440(24)です。

一定期間操作を行わずに、ブラウザセッションかPHPセッションがタイムアウトした場合、Sugarはユーザをログアウトさせます。

作業を再開する準備ができている場合、ページの任意のボタンをクリックしてください。

自動的にログインページへ移動します。また、ブラウザを閉じて、新しいブラウザウィンドウからログインページへ移動することもできます。

 

Sugarオフラインクライアント

必要に応じて、Sugarはオフラインでも作業ができます。オフラインで作業をしている場合、あなたのコンピュータはサーバに接続されません。その結果、コンピュータ上の日付はサーバと異なる可能性があります。コンピュータ上のデータを定期的にサーバ上のデータに同期する必要があります。

システム管理者はユーザがSugarをオフラインで使用し、またデータを同期することを可能にするために、一度だけ追加のタスクを行わなければなりません。

オフラインユーザとして行ったいかなる変更も、他のユーザが行った変更と同期させることができます。同期中に、あなたが行ったすべての変更はサーバに保存され、あなたのローカルデータは他のユーザが行った変更でアップデートされます。同期中に、別々のユーザが同じレコードを変更することによって、矛盾が発生する可能性があります。このような場合、ローカルデータをサーバのデータで上書きするか、サーバのデータをローカルデータで上書きするかを選択することができます。

さらに、矛盾がある場合はいつでも、どちらのレコードを上書きするか決めることができます。


データを同期させる

1. Sugarサーバに接続していない場合は、自分のコンピュータ上でSugarアプリケーションを開始します。

2. 画面の一番上の「同期」リンクをクリックして、「同期開始」を選択してあなたが行った変更と他のユーザが行った変更をすべて同期してください。

Clean Sync」チェックボックスだけを選択すると、初回同期を行ないます。このオプションを選択すると、あなたのコンピュータの、サーバからコピーされたデータとローカルデータは、Sugarサーバに接続していない間に行った変更も含めて、すべてサーバのデータで上書きされます。

「同期開始」をクリックすると、情報転送を開始し、プログレスバーに進行度合いを表示します。

3. Sugarサーバに接続しているが、切断モードで作業をしている場合は、「同期」リンクをクリックして「Go Online」を選択します。

すると、ブラウザがSugarサーバのURLへリダイレクトされます。再びオフラインで作業するためには、いったんブラウザを閉じて、新しいブラウザからのローカルなURLを開きます。


オフラインクライアントの使用についての詳細は、「Sugarオフラインクライアントインストールガイド」を参照してください。
Comments